2021年10月21日EPAはPIP(3:1)含有成形品の遵守期限のさらなる延長を提案

2021年10月21日にEPAはPIP(3:1)含有成形品の遵守期限のさらなる延長を提案という内容がEPAのHP内に掲載されました。

内容的にはいろいろと理由は付けられていますが、PIP(3:1)含有成形品の遵守期限を更に2024年10月31日まで延長するというものです。

今回は、機械翻訳そのまま

普段、管理人は翻訳ソフトは使うものの、最低限自分で英文は見てチェックをしています。

しかしながら今週、管理人は普段よりかなり忙しく、自分でチェックしている時間はとれませんでした。従って、機械翻訳をそのまま載せていただきます。ご了承ください。


ワシントン(2021 年 10 月 21 日) – 難分解性・生物蓄積性・毒性(PBT)化学物質の使用を制限する 5 つの規則の 進捗状況に関する 2021 年 9 月の発表の続報として、EPA は、主要な消費財および商業財のサプラ イチェーンが混乱しないようにするために、フェノール・イソプロピル化リン酸エステル(3:1)(PIP(3:1)) を含む成形品に関する遵守期限をさらに延長することを提案する。

PBT 規則の策定中に行われた EPA の広範な働きかけにもかかわらず、規則が最終化された後に EPA に連絡を取ったほとんどの関係者は、PIP(3:1)規則策定に関する提案に意見を述べたり、その他の形で EPA に働きかけたりせず、PIP(3:1)が使用されているかどうかを判断するために、以前に自社のサプライチェーンを調査していないようであった。その結果、EPA は、2021 年 1 月の最終規則を発行する前に、本禁止の影響を十分に把握していなかった。

9月17日、EPAは、2021年1月の最終規則における当初の適用遵守日によって不用意に生じた苦難に対処するために、PIP(3:1)に関する特定の遵守日を2022年3月8日まで短期的に延長した。本日の規則案では、特定のPIP(3:1)含有物品の加工と商業流通、およびそれらの物品の製造に使用されたPIP(3:1)に適用される遵守日をさらに2024年10月31日まで延長するとともに、PIP(3:1)含有物品の製造業者、加工業者、および流通業者に対する関連する記録保持義務を課すこととしている。

本日の規則案には、順守日の追加延長を裏付けるためにEPAが求める具体的な情報の説明も記載されている。EPA は、業界の意見提出者に対し、自社のサプライチェーン全体における成形品での PIP(3:1)の具体的な用途、それらの用途の代替品を特定、試験、および適合させるために取られた具体的な措置、および更新が必要となる具体的な認証に関する文書を提供することを期待する。これらの用途のそれぞれについて、EPA は、当該物質を除去するために必要となる時間の概算を提 供することを意見提出者に期待する。また EPA は、機器の文書化された耐用年数、および交換部品の保証に関す る適用される規制要件の特定を含む、交換部品に対する具体的なニーズを文書化することを 意見提出者に期待している。このようなより具体的な情報がなければ、EPAは順守日を再度延長することはないと思われる。

本日の規則案の対象となる物品には、携帯電話、ラップトップコンピュータ、およびその他の電子・電 気機器などの広範な主要消費財および商業用品、ならびに輸送、建設、農業、林業、鉱業、生命科学、および半導 体製造を含む様々な分野で使用される産業および商業機器が含まれる。

2021年9月の同庁の発表に示されているように、EPAは、2023年春に5つのPBT化学物質すべてに関する新たな個別規則制定の提案を行う予定です。EPAは、曝露をさらに低減し、環境正義を促進し、人の健康および環境をよりよく保護するために、5つの最終規則のすべてを改訂することを検討している。

EPAは、PIP(3:1)を含む特定の成形品の遵守期限をさらに延長するために、本規則案の公表から60日間、www.regulations.gov、ドケットEPA-HQ-OPPT-2021-0598にて一般意見を受け付けている。

詳細はこちらをご覧ください。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

情報の伝達義務は既に施行されている

それと前回のEPAは9/3にPBT化学物質に関するアナウンスを発表という記事にも書きましたが、含有していた場合、川下に情報を伝える義務は既に発生していますのでご注意ください。

今回は、情報だけでした。

コメント

  1. トランキーロ より:

    管理人様

    いつも有益な情報ありがとうございます。
    本件の期限延長の第1報は入手していましたが、原文までは見ていませんでしたので助かります。

    PIP(3:1)を規制物質にするのは難しい(代替材がない)という判断と勝手に思っていましたが、
    「ちゃんとしたパブコメが欲しいので延長します」
    ということのように思いました。

    今回の記事を社内へ案内します。

    また続報があればお願いいたします。

    • OFFICE KS より:

      トランキーロ様、コメントありがとうございます。管理人です。
      PIP(3:1)、使っているところも多々あったようなので厄介ですよね。

      今回は、単なる機械翻訳です(最近は優秀ですけど)。原文を読んで理解出来るのであれば、そうするのが良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました