化学物質管理セミナー2023(経済産業省主催)の案内が出ています

広告
「スポンサーリンク」

今回は、化学物質管理セミナー2023(経済産業省主催)の案内が出ていますよと言う、お知らせだけの記事になります。

というのも、今回で今年度の経済産業省主催の化学物質管理セミナーは終了になるからです。

以下今回の情報の大部分は経済産業省の化学物質管理セミナー2023に関するHPより引用しています。

今回の化学物質管理セミナー2023(経済産業省主催)は、化学物質管理セミナー 改正編②(GHS・SDS、NITE-Gmiccs)

今回の、化学物質管理セミナー2023(経済産業省主催)は、化学物質管理セミナー 改正編②(GHS・SDS、NITE-Gmiccs)となっており、申し込みページがあります。

このページを見ると分かりますが、化学物質管理セミナー2023(経済産業省主催)は、既に今年度3回行われており、その内容は以下の通りでした。

【基礎編】 
参加対象
 化管法(改正内容も含む)について知りたい方、化学物質のリスク評価について知りたい方など、化管法業務が初めての方や再確認したい方向けに、基本的な概要をご説明します。

演題1 化管法概要と施行について 【経済産業省】
 演題2 NITEにおける化管法支援と電子届出の利点のご紹介 【独立行政法人製品評価技術基盤機構】
 演題3 化学物質の適正管理とリスク評価 【みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社】

【実務編】
参加対象
 化管法に基づくPRTR届出、SDS作成対応(改正内容を中心に)について確認したい方、GHS対応のSDSの作成方法、混合物のGHS分類について知りたい方など、PRTR届出、SDS作成される方向けに、実際の対応含めてご説明します。

演題1 政令改正後の化管法への対応について 【経済産業省】
 演題2 PRTR電子届出の活用や排出量算出の基本的留意点 【独立行政法人製品評価技術基盤機構】
 演題3 SDS制度及びGHS分類ガイダンスを活用した SDS・ラベル作成 【SDS研究会】
 演題4 GHS混合物分類判定ラベル/SDS作成支援システム(NITE-Gmiccs)の使用方法について【独立行政法人製品評価技術基盤機構】

【改正編 (第3回)】
参加対象
 化管法・安衛法のポイントを確認したい方、リスク評価・リスクアセスメントの内容について確認したい方向けに、基本的な概要をご説明します。

演題1 化管法の概要及び政令等の見直しについて 【経済産業省】
 演題2 PRTR電子届出の活用や排出量算出の基本的留意点 【独立行政法人製品評価技術基盤機構】
 演題3 労働安全衛生法の見直しのポイントについて 【厚生労働省】
 演題4 化管法における事業者自主管理のリスク評価の実践(METI-LISの活用)【みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社】
 演題5 労働安全衛生法におけるリスクアセスメントの実施概要(CREATE-SIMPLEの活用)【みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社】

経済産業省 化学物質管理セミナー2023の開催についてより引用

化学物質管理セミナー 改正編②(GHS・SDS、NITE-Gmiccs)は、上のページの表記で言えば【改正編 (第4回)】ということになり、

参加対象
  化管法・安衛法のポイントを確認したい方、GHS対応のSDSの作成方法、混合物のGHS分類について知りたい方向けに、基本的な概要をご説明します。

演題1 化管法の概要及び政令等の見直しについて 【経済産業省】
 演題2 PRTR電子届出の活用や排出量算出の基本的留意点 【独立行政法人製品評価技術基盤機構】
 演題3 労働安全衛生法の見直しのポイントについて 【厚生労働省】
 演題4 SDS制度及びGHS分類ガイダンスを活用した SDS・ラベル作成 【SDS研究会】
 演題5  GHS混合物分類判定ラベル/SDS作成支援システム(NITE-Gmiccs)の使用方法について
                           【独立行政法人製品評価技術基盤機構】

これらのセミナーは、全てZOOMによる配信で行われます。

定員は、1000名ですが、この記事を書いている10月29日では、まだ満席にはなっていないようです。

この第4回目のセミナーのポイントは、GHS対応のSDSの作成方法、混合物のGHS分類について知りたい方向けとなっています。この部分は演題4、演題5の部分です。

もう一点第3回同様、化管法の政令見直しと労働安全衛生法の見直しのポイントの両方が聞けるということにメリットがあります。
通常、お役所が主催するセミナーは、自分の主管している規制についてしかやらないのが普通ですが、SDSに関する規制の改正が、化管法も労働安全衛生法も行われたということで、一所にやることになったんでしょうね。それだけでも良いことだともいます。

受講し損ねた人にオンデマンド配信もある!

今回のセミナーは、管理人も申し込んでいます。管理人は、SDSを作成する人ではありませんが、前半の3演目を受講するだけでも役に立つと思っています。

また、以前の3回を受講し損ねた人のためにオンデマンド配信も行われます。
ただし、基礎編のオンデマンド配信は、10月26日で終了しているため、既に受講はかなわない状態です。

残りの第2回以降のセミナーに関しては、11月以降オンデマンド配信が行われるので、化学物質管理セミナー2023(経済産業省主催)で確認しましょう。

実のことを言うと管理人は、7月26日に行われた基礎編も申し込んで受講したのですが、昼食後だったため聞いている最中に寝落ちしてしまいました(^^;。

いやね、どうしてお役所の人たちの資料って文字の羅列で面白くないんでしょうね。自分でも引用しておいて何なんですけど。
今回は、寝落ちしないようコーヒーでも飲んで参加しようと思いますが、皆さんも注意してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました