SCIPゆっくり解説(その23)

今回は、前回のSCIPゆっくり解説(その22)からの続きで、Q&Aの内容解説になります。
管理人の不得意なツールの内容です。Q&Aの項目は、これでお終いです。

Q&A:情報を準備して提出するためのツール

いつものお約束ですが、管理人がGoogle翻訳などの助けも借りてやっている訳ですので、間違っている可能性は十分あり得ます。正確には、原文を参照してくださいね。

SCIPデータベースに情報を準備して提出するために利用できるツールはどれですか?

ECHAは、SCIPデータベースへの情報の準備と提出のための提出ツールを利用できるようにします。SCIPデータベースへの提出は、お客様の特有のビジネスニーズやITシステムに応じて、最適な方法で準備することができます。

  • IUCLIDクラウドでのオンライン
  • IUCLIDでのオフライン
  • IUCLID対応の専用フォーマットを使用しての自社システムでのSCIP提出

SCIPデータベースへの情報(ドシエ)は、ECHA提出ポータルを介して次の2つの方法のいずれかで提出することができます。

  • ECHA提出ポータルを介してオンラインで提出する。
  • 自社システムで作成した提出物(書類)を、自社システムからECHA提出ポータルにシステム間(S2S)転送する。

Modified Date: 09/09/2019
ID: 1615
Version: 1.0

誰が私の書類(ドシエ)に含まれている情報の検証チェックを行いますか?

自動データ検証のほかには、ECHAは、ポータルに提出された書類の検証は一切行いません。しかしながら、ECHAのITツールでは、提出前に自分の情報を検証することができます。検証の結果は、検証レポートに表示されます。

ECHAの自動検証ツールが提供するサポートにかかわらず、提出された情報の品質、正確性、完全性、堅牢性は、義務者の責任のままであり、これに取って代わるものではありません。

Modified Date: 15/10/2020
ID: 1616
Version: 1.0

SCIPの届出を作成して提出するために、会社を登録するにはどうすればいいですか?

SCIPの届出を提出するには、有効なECHAアカウントを使用する必要があります。以下のような方法があります。

  1. ECHAアカウントマニュアルの「初めて登録する方法」の章に記載されているように、新しいECHAアカウントを作成する。
  2. 既存のECHAアカウントを使用する。管理目的のために別のアカウントを作成する必要がある場合、すなわち、規制範囲に基づいて別のアカウントを作成する場合は、既存のECHAアカウントを使用してSCIPデータベースに通知を提出することを決定する前に、特別な注意を払う必要があります。

IUCLIDクラウドとECHA届出ポータルにアクセスするために必要な役割は、新規ユーザーに自動的に与えられます。既存のユーザーは、IUCLIDクラウドにアクセスするために「IUCLID Full Access」というユーザーの役割(role)を取得し、ECHAの提出ポータルにアクセスするために「Submission Portal Manager」というユーザーの役割(role)を取得する必要があります。

更なる情報については、ECHA Accountsマニュアルを参照してください。追加情報は、説明「SCIPデータベース通知 – SCIP通知書類の作成と提出方法」の「アクセスの取得」のセクションにも記載されています。

ECHA AccountsマニュアルとSCIPデータベース通知 – SCIP通知書類の作成と提出方法にはリンクが貼られています。

Modified Date: 04/06/2020
ID: 1664
Version: 1.0

第三者が私に代わってSCIP通知を提出することはできますか?

第三者は、義務者に代わってデータをSCIPデータベースに送信するためにECHAアカウントを作成することができます。第三者と義務者アカウントの間のリンクは、ECHAアカウントの外部ユーザー機能を使用して行うことができます:双方の当事者間での合意は、当事者間の取り決めに基づいています。

外国人ユーザーは、アカウントの使用を許可している会社の法人管理者が任命することで、アカウントの使用を許可している会社に代わって、自分のECHAアカウントから操作を実行することができます。更なる情報については、Q&A 960を参照してください。外部ユーザーリンクの設定方法の実務的な詳細は、ECHAアカウントマニュアルの「ユーザーの役割」と「外部ユーザーの追加方法」の章に記載されています。

外部ユーザーは、SCIPデータベースへの通知を行う前に、義務者アカウントへの変更に特に注意する必要があります。

義務者は、SCIPデータベースに提出された通知について責任を負います。ということから、通知は義務者アカウントを使用して提出しなければならないため、義務者は、SCIPデータベースに提出された通知のリストをいつでも確認することができます。外部ユーザリンクを確立した義務者は、選択された役割(role)に基づいてアカウントの内容の可視性を与えます。さらに、義務者はいつでも外部ユーザリンクを削除することができます。

Modified Date: 02/06/2020
ID: 1665
Version: 1.0

SCIP通知を更新するにはどうすればいいですか?

IUCLIDを使用してSCIP通知を更新したい場合は、以下のようにしてください。

  1. データセットに含まれる情報を更新する。
  2. 更新したデータセットを検証する。
  3. 新しいIUCLID書類(ドシエ)を作成する。書類の成形品の基本識別子(型と値)は同じままである必要がある。
  4. 手順3で作成した書類を提出する。以下の場合、ECHA 提出ポータルを介したこの書類の提出は、自動的に更新とみなされます。
      a. 同じECHAアカウントを使用して提出する。
      b. 同じ成形品の基本識別子(型と値)が書類の一部になっている。

システム・ツー・システム(S2S)を使用してSCIP通知を更新する場合は、次のことを行う必要があります。

  1. SCIPフォーマットに沿って、最新の情報を含む新しい書類を作成する。書類の成形品の基本識別子(型と値)は同じままにしておく必要があります。
  2. 手順1で作成した書類を提出する。S2Sサービスを利用して提出された書類は、以下の場合には自動的に更新されたものとみなされます。
      a. 同じECHAアカウントを使用して提出する
      b. 同じ成形品の基本識別子(型と値)が書類の一部になっている。

詳細については、Q&A 1695を参照してください。

Modified Date: 15/10/2020
ID: 1666
Version: 1.0

Q&Aの項目は今回で終わり

今回のツールの部分は、管理人不得意なので間違いがあるかもしれません。ご了承ください。

今まで、結構長々と続けてきたQ&Aの項目は、今回で終了です。SCIPに関する解説も既に義務が始まっていますし、実際にSCIPにデータを出さなければいけない義務者は、EUの製造者もしくは輸入者ですので、日本のメーカーとしては、それに必要な情報を渡すことになります。

SCIPに関しては、まだいろいろあるとは思うのですが、今回で一旦一区切りとして、日本メーカーにとって解説が必要であろう資料はどれか考えてから、また始めようと思います。ですので、しばらく時間が空くと思います。
解説が必要なリクエストなどがあればお願いします。

広告