REACH SVHC:追加分だけゆっくり解説(33)

広告
「スポンサーリンク」

2024年1月23日に第30次のSVHCが発表されました。追加されたSVHCは5物質です。

ですので、REACH SVHC:追加分だけゆっくり解説も順次進めていきます。今回は、REACH SVHC:追加分だけゆっくり解説(33)となります。

今回は、2-(2H-benzotriazol-2-yl)-4-(1,1,3,3-tetramethylbutyl)phenolです。

第30次SVHC 2-(2H-benzotriazol-2-yl)-4-(1,1,3,3-tetramethylbutyl)phenolの基本情報

では、まず 基本情報を見てみましょう。

化学物質名:2-(2H-benzotriazol-2-yl)-4-(1,1,3,3-tetramethylbutyl)phenol
和名:2-[2-ヒドロキシ-5-(1,1,3,3-テトラメチルブチル)フエニル]ベンゾトリアゾール
別名:2-(2-ヒドロキシ-5-tert-オクチルフェニル)ベンゾトリアゾール、オクトリゾール、UV-329、2-(2′-ヒドロキシ-5′-tert-オクチルフェニル)ベンゾトリアゾールなど
化学式:C20H25N3O
構造式:
分子量:323.4
CAS RN:3147-75-9
EC No.: 221-573-5
融点:106-108℃
色形状:微黄白色粉末

2-(2H-benzotriazol-2-yl)-4-(1,1,3,3-tetramethylbutyl)phenolの危険性は何か

ECHAのSubstance Infocardによれば、REACH登録において企業がECHAに提供した通知では、この物質は、危険有害性は分類されていない。

ではなぜこの物質が、SVHCになっているかというと高難分解性かつ高生物蓄積性(vPvB)(第57条e)に該当する物質だからというのが理由です。

日本においては、強い規制がかかっている物質ではありません。

2-(2H-benzotriazol-2-yl)-4-(1,1,3,3-tetramethylbutyl)phenolの使用用途はどこか

この物質の使用用途は、UV329の別名がある通り、紫外線吸収剤です。

ECHAのSubstance Infocardによれば、この物質は、REACH登録はされており、年間1,000トン以上10,000トン未満製造もしくは輸入されています。

消費者製品としては、エアケア製品、コーティング製品、接着剤およびシーリング剤、潤滑剤およびグリース、ポリッシュおよびワックス、洗浄剤およびクリーニング製品に使われているとあります。

また、プラスチックやゴムに使用されているとあります。

いわゆる業者さんにおいては、やはりコーティング製品、接着剤・シーリング剤、ポリマーに使用されているとあります。

いわゆる製造業ではプラスチック製品や混合物の製造で使用されます。

この物質は、中国で今でも普通に作られていると思います。そして、まだ使用されている物質です(多分)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました