REACH 制限物質(その38):Entry1 

REACH 制限物質について書いてきたこのシリーズも、Entry32以降については全部やったはずです(チェックはしていないのであまり自信はない)。

なので、これからはEntry1から順番にやっていこうと思います。それでも30個くらいあるのか、、。

ということで、今回のREACH 制限物質(その38)はEntry1のPolychlorinated terphenyls (PCTs)です。

Entry1 Polychlorinated terphenyls (PCTs) の基本情報

Entry1は、Polychlorinated terphenyls (PCTs)となっているように、複数の化合物含まれるものです。

Polychlorinated terphenyls (PCTs) の構造式は、以下のようなものです。

ベンゼン環が3つ繋がったものに塩素が置換されている構造ですね。でも、複数の化合物の混合物ですね。

REACHの制限物質の表では、現在は、CAS RNもEC No.も”ー”扱いになっています。

しかしながら、NITEのCHRIPによれば
CAS RN 61788-33-8
EC No. 262-968-2
です。

Entry1 Polychlorinated terphenyls (PCTs) の危険性は何か

職場のあんぜんサイトのSDSでは、
飲み込むと有害のおそれ
長期又は反復ばく露による肝臓、皮膚の障害のおそれ
となっています。

どこに使われている

NITEのCHRIPによれば用途は難燃剤となっていますが、今どきこれ使ってるところはないであろうと思います。(管理人はそう信じたい。)

制限条件

Entry1 Polychlorinated terphenyls (PCTs)の制限条件は以下のようなものです。

以下の用途で市場に出したり、使用したりしてはならない。
ー物質として
ー廃油を含む混合物の中で、あるいは機器の中で、50mg/kg (0,005重量%)を超える濃度で使用してはならない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました