chemSHERPA Ver.2.08.00のエラーチェック時間の改善版が出ます!

広告
「スポンサーリンク」

2023年8月29日 chemSHERPA HPの最新情報に「化学品および成形品のデータ作成支援ツールVer.2.08.00を公開しました。」ということでchemSHERPA Ver.2.08.00がリリースされました。

しかしながら、2023年9月15日にこのchemSHERPA Ver.2.08.00のデータ作成支援ツールのエラーチェック時間の改善版を、9月末にリリースするという案内がなされました。Ver.は、chemSHERPA Ver.2.08.00aとなります。

どういうことかだけ見ていきましょう。

chemSHERPA Ver.2.08.00の何が不都合なのか?

現在のchemSHERPA Ver.2.08.00の不都合な点は、データが大きい場合、エラーチェック時間が増大する事例が多くあるということのようです。

まあ、エラーチェック時間が長々とかかるのは、確かにイライラしますね。このエラーチェック時間を改善したバージョンが、chemSHERPA Ver.2.08.00aとしてリリースされるということです。

従って、普段サイズが小さいデータのみを扱っている場合であれば、現状のchemSHERPA Ver.2.08.00でよいことになります。

というのも、作成されるデータ内容は変わらないですし、取込みなどの機能も変化はありません。

体感時間として、エラーチェックの時間が気にならないならば、無理にchemSHERPA Ver.2.08.00aにする必要は無い訳ですが、素直にchemSHERPA Ver.2.08.00aにしておいた方が安心感があるでしょう。

別に読み書きができなるわけではありませんから。

今回は、単にchemSHEERPA HPに出ている内容を書いたようなものです。

広告
chemSHERPA
「スポンサーリンク」
シェアする
OFFICE KSをフォローする
化学物質管理の話

コメント

タイトルとURLをコピーしました