RoHSの用途適用除外評価(Pack22)について

昨年の12月にOko InstitutのRoHSの評価のページに新たな用途適用除外の評価に関するプロジェクト(Pack22)が発表されました。

既にオンラインでのステークホルダー協議が始まっています。期間は昨年の12月23日から今年の3月3日までです。

いろいろなところからの情報で、当ブログの読者の方はご存じの方のほうが多いでしょう。この件については情報遅いもんね。

Pack22は、合金中の鉛など影響の大きいものが多い

Pack22に関する発表内容を見てみると、RoHSの付属書IIIの9個の用途適用除外に関して、16のリクエストがあったことに対する評価だということです。

9つの用途適用除外は6(a)/6(a)-I,6(b)/6(b)-I, 6(b)-II, 6(c), 7(a), 7(c)-I,7(c)-IIで6(a)/6(a)-Iと6(b)/6(b)-Iは、評価の際はそれぞれ1個として取り扱われるような感じで書いてあります。
詳細は、最近ではいろいろなところから情報も出ていますが、上にリンクを張っているOko Institutの発表ページから、Project Descriptionの内容のpdfファイルに飛ぶと詳細を見ることができます。

とはいえ用途適用除外を全部読むのは大変でしょうから、軽くだけ紹介。

6番台は、切削加工性をよくするためにそれぞれ鋼、アルミニウム、銅の合金に含まれる鉛に関するものなので、電気、機械製品においては非常に影響が大きいと考えられます。

7(a)は、高融点はんだ(鉛含有量85wt%以上の鉛合金)
7(C)-Iは、コンデンサの誘電体セラミック以外のガラスまたはセラミック中に鉛を含有する電気・電子部品、例えば圧電デバイス、またはガラスまたはセラミックマトリックス化合物中に鉛を含有する電気・電子部品
7(C)-IIは、定格電圧AC125V、DC250V以上のコンデンサの誘電セラミック中の鉛
になっており、これも影響が大きいでしょう。

スケジュールはどうなっているのか

Pack22は、現在ステークホルダー協議中になるわけですが、その後のスケジュールはどうなっているのでしょう。Project Descriptionによれば、Oeko-Institutがプロジェクトに任命されたのが2020年10月28日で期間は10か月となっていて、2021年7月27日までです。4月末までには欧州委員会に中間報告を行い、最終報告書は、プロジェクトの最終日までに出されることになっています。

実際には、この報告書を受けて欧州委員会が指令の文書を書き換えて、諸手続きを踏んだ後、官報が発行されることになります。

適用除外期限期日との関係

実は、今回評価される用途適用除外の期限期日は、最も早いもので2021年7月21日までになっています。Pack22の最終報告書が出るのは、2021年7月27日でしょうから(もっと早いかもしれない?いやいや、自分が担当だったらって考えたらぎりぎりまで遊ぶでしょう(^^;)、期限期日を過ぎてしまうことになります。

じゃあ、どうなるんだよってことなのですが、心配には及びません。期日を過ぎても新しい規制の文章が出ていないのですから、今までのものが有効のままになります。

今後は新たな情報が出るまで待つしかないでしょう。どちらにしろ用途適用除外の延長申請がなされそれに対する評価を行うということは間違いないのですから。

広告