REACH認可候補物質への追加8物質(第25次SVHC)が2021/7/8に公表されました

2021/7/8、ECHAのHPのNEWSにCandidate List updated with eight hazardous chemicalsが載りました。
NEWSは、そのうち消えるのでその際は、実際の物質リストのページに行ってください。

今回は、8物質増えたので認可候補物質は、219物質になります。

えっ?もう知ってる。今回は、速報ベースという意味では遅かったですね。

追加されたのは8物質

じゃあ、順番に見ていきましょう。といってもECHAのニュースの物質の書かれているところのほとんどコピペです。とはいっても、実際のリストに行ってみるといくつかのエントリーには、例示物質が展開されています。一瞬混乱するかもしれません。

1. 2-(4-tert-butylbenzyl)propionaldehyde and its individual stereoisomers

CAS No.:-
EC No.:-
Reason for inclusion: Toxic for reproduction (Article 57 c) 
Examples of use(s) (使用例): 洗浄剤、化粧品、香り付けされた製品、ポリッシャーやワックスブレンドなど。

ここからは展開すると書かれている物質です(以下同様)

  • (2R)-3-(4-tert-butylphenyl)-2-methylpropanal  EC No.: – | CAS No.: 75166-31-3
  • 2-(4-tert-butylbenzyl)propionaldehyde  EC No.: 201-289-8 | CAS No.: 80-54-6
  • (2S)-3-(4-tert-butylphenyl)-2-methylpropanal EC No.: – | CAS No.: 75166-30-2

2. Orthoboric acid, sodium salt

CAS No.:13840-56-7
EC No.:237-560-2
Reason for inclusion: Toxic for reproduction (Article 57 c) 
Examples of use(s) (使用例):REACHには登録されていません。溶剤、腐食防止剤として使用可能。

  • boric acid (H3BO3), sodium salt, hydrate EC No.: – | CAS No.: 25747-83-5
  • Boric acid (H3BO3), disodium salt EC No.: – | CAS No.: 22454-04-2
  • Trisodium orthoborate EC No.: 238-253-6 | CAS No.: 14312-40-4
  • Boric acid, sodium salt EC No.: 215-604-1 | CAS No.: 1333-73-9
  • Orthoboric acid, sodium salt EC No.: 237-560-2 | CAS No.: 13840-56-7
  • Boric acid (H3BO3), sodium salt (1:1) EC No.: – | CAS No.: 14890-53-0

3. 2,2-bis(bromomethyl)propane-1,3-diol (BMP); 2,2-dimethylpropan-1-ol, tribromo derivative/3-bromo-2,2-bis(bromomethyl)-1-propanol (TBNPA); 2,3-dibromo-1-propanol (2,3-DBPA)

このエントリーは最初から3物質で構成されていました。従って、CASなどは展開側で確認してください。
Reason for inclusion: Carcinogenic (Article 57 a)

  • 2,2-bis(bromomethyl)propane-1,3-diol (BMP) EC No.: 221-967-7 | CAS No.: 3296-90-0
    使用例:ポリマー樹脂の製造や一液性発泡体(OCPF)の用途に使用されています。
  • 2,2-dimethylpropan-1-ol, tribromo derivative (TBNPA) EC No.: 253-057-0 | CAS No.: 36483-57-5
  • 3-bromo-2,2-bis(bromomethyl)-1-propanol (TBNPA) EC No.: – | CAS No.: 1522-92-5
    上記の2物質は両方ともTBNPAと略されます。
    使用例:調合、変換を含むプラスチック製品のポリマーの製造事業、および中間体として
  • 2,3-dibromo-1-propanol (2,3-DBPA) EC No.: 202-480-9 | CAS No.: 96-13-9
    使用例:中間体として登録されている

4. Glutaral

CAS No.: 111-30-8
EC No.: 203-856-5
Reason for inclusion: Respiratory sensitising properties (Article 57f – human health)
Examples of use(s) (使用例):殺生物剤、皮革のなめし、X線フィルムの加工、化粧品。

5. Medium-chain chlorinated paraffins (MCCP)(UVCB substances consisting of more than or equal to 80% linear chloroalkanes with carbon chain lengths within the range from C14 to C17)

CAS No.:-
EC No.:-
Reason for inclusion: PBT (Article 57d), vPvB (Article 57e)
Examples of use(s) (使用例):プラスチック、シーラント、ゴム、繊維製品の難燃剤、可塑化剤

  • Alkanes, C14-16, chloro EC No.: – | CAS No.: 1372804-76-6
  • Alkanes, C14-17, chloro EC No.: 287-477-0 | CAS No.: 85535-85-9
  • di-, tri- and tetrachlorotetradecane EC No.: 950-299-5 | CAS No.: –
  • Tetradecane, chloro derivs. EC No.: – | CAS No.: 198840-65-2

6. Phenol, alkylation products (mainly in para position) with C12-rich branched alkyl chains from oligomerisation, covering any individual isomers and/ or combinations thereof (PDDP)

CAS No.:-
EC No.:-
Reason for inclusion: Toxic for reproduction (Article 57c)
Endocrine disrupting properties (Article 57f – human health and environment)
Examples of use(s) (使用例):潤滑油添加剤や燃料系洗浄剤の調製。

  • Phenol, 4-dodecyl, branched EC No.: – | CAS No.: 210555-94-5
  • 4-isododecylphenol EC No.: – | CAS No.: 27459-10-5
  • Phenol, 4-isododecyl- EC No.: – | CAS No.: 27147-75-7
  • Phenol, dodecyl-, branched EC No.: 310-154-3 | CAS No.: 121158-58-5
  • Phenol, (tetrapropenyl) derivatives EC No.: – | CAS No.: 74499-35-7
  • Phenol, tetrapropylene- EC No.: – | CAS No.: 57427-55-1

7.  1,4-dioxane

CAS No.: 123-91-1
EC No.: 204-661-8
Reason for inclusion: Carcinogenic (Article 57a)
Equivalent level of concern having probable serious effects to the environment (Article 57f -environment)
Equivalent level of concern having probable serious effects to human health (Article 57f –human health)
Examples of use(s) (使用例):溶剤

8. 4,4′-(1-methylpropylidene)bisphenol

CAS No.: 77-40-7
EC No.: 201-025-1
Reason for inclusion: Endocrine disrupting properties (Article 57f – human health and environment)
Examples of use(s) (使用例):REACHには登録されていません。フェノール樹脂やポリカーボネート樹脂の製造に使用される可能性があります。

認可候補物質は219物質(群)になりました

今回の、第25次SVHCの追加8物質(群)で、認可候補物質は219物質(群)になりました。

今回は、情報だけでした。

コメント

  1. 匿名 より:

    […] REACH SVHC:追加分だけゆっくり解説ですが、2021年7月8日に新たな物質(物質群)が8個足されたので少しずつやっています。 […]

  2. 匿名 より:

    […] REACH SVHC:追加分だけゆっくり解説ですが、2021年7月8日に新たな物質(物質群)が8個足されたので少しずつやっています。 […]

  3. 匿名 より:

    […] REACH SVHC:追加分だけゆっくり解説ですが、2021年7月8日に新たな物質(物質群)が8個足されたので少しずつやっています。 […]

  4. 匿名 より:

    […] REACH SVHC:追加分だけゆっくり解説ですが、2021年7月8日に新たな物質(物質群)が8個足されたので少しずつやっています。 […]

タイトルとURLをコピーしました